本日の問題「海上貨物運送状について」

検定問題チャレンジ

<問題>
下記の説明で誤っているものを次の中から選びなさい。

1)海上貨物運送状には、B/L、Sea Waybill、Forwarder’s Cargo Receiptの3種類があり、いずれも有価証券として流通性がある。
2)B/Lの原本(オリジナル)は3通発行され、そのうちの1通が輸送人(又はその代理店)に差し入れられた時点で、残り2通は効力を失う。
3)Sea Waybillは貨物の輸送契約の情報を記載した書類であるが、有価証券ではなく、流通性もない。
4)Surrendered B/Lとは、積地側(出発地)で、荷送人が輸送人(船社)にB/L全通を差し入れたものであり、その時点で有価証券ではなくなる。

正解: 1) 
解説:
1)Sea Waybill、Forwarder’s Cargo Receiptは有価証券ではなく流通性もありません。有価証券として流通性のあるのはB/L(Bill of Lading)のみです。Sea Waybillは貨物の受領証兼輸送契約書ですが、荷受人は、オリジナルのSea Waybill を運送人に差し入れなくても貨物を引き取ることができます。Forwarder’s Cargo Receiptは、Freight Forwarderが貨物を国際輸送業者に委託することを前提に預かったことを証明する書類です。
2)、3)、4)の記述は正しい説明です。なお、Surrendered B/Lは、航海日数の短いアジア地域でよく使われますが、これを規定する条約や国内法がないので、国連は国際統一ルールで取り扱いが規定されているSea Waybillの利用を勧めています。

関連記事

  1. img_blog20180405 本日の問題「小口混載貨物」英語では?
  2. img_blog20180405 本日の問題「自由貿易の基本理念」
  3. img_blog20180405 本日の問題「be governed」とは?
  4. img_blog20180405 本日の問題「コミュニケーション・ギャップ」
  5. img_blog20180405 本日の問題「クレーム対応」
  6. img_blog20180405 本日の問題「クールジャパン政策」

最近の記事

  1. img_blog20180405
  2. img_blog20180405
  3. img_blog20180405
  4. img_blog20180405
  5. img_blog20180405
PAGE TOP